レビトラ 相場

レビトラの入手方法別コスト

一般的なレビトラ入手価格

レビトラやバイアグラなどの勃起不全治療薬を入手するには、日本では大きく2つの方法があります。一番メジャーな方法は病院などで専門医から診察をしてもらってから処方箋をだしてもらうか、ここで手軽で格安なので紹介している薬の個人輸入代行業者から購入する方法の2つがあります。
しかし、この2つの入手方法は薬事法によって大きく意味合いが異なります。もちろん入手単価も医療機関の診察を挟む分個人輸入の通販と比べると値段は大きく変わってきます。

 

勃起不全治療は保険適用外です。

レビトラはバイアグラに次いで二番目に『勃起不全治療薬』として厚生労働省に認可を受けた医薬品です。しかし認可のカテゴリーが勃起不全の治療用の承認ですので、日本はまだED治療は自由診療の範囲なので当然健康保険適用外で医療費全額が個人負担となってしまいます。
当然病院では初診料や診察料、検査代に処方箋代など薬以外の出費も大きくなってしまいます。
ちなみに一般的な東京の病院の勃起不全の診察料は3000円程です。処方薬局でレビトラ1錠あたり10mg錠で1500円20mg錠で2000円となっています。ですので一般的に一ヶ月分のレビトラを入手するのにトータルコストが2万円は超えるものになってしまいます。

 

輸入代行サイトからだと処方箋も必要なし

一方、個人輸入代行サイトからレビトラを入手する場合には初診料や診察料がかからないだけではなく、薬も定価では販売されずにディスカウント価格で購入できるので、手間がかからないだけでなく格安でレビトラを購入でき大幅な節約ができます。
輸入代行サイトの中では悪徳業者も多くサイト選びは難しいと思いますので、ネットで一番人気のくすりエクスプレスを紹介しています。とにかく格安で注文してから商品が到着するまでが迅速で丁寧なのが特徴です。